- こんな語りかけから始めてみよう - 子育て英語にチャレンジ

ミセス・ヒッポ|幼児英語・親子英語
親子英語&日常英会話
「年齢別!一番人気フレーズ」

絵本

- 英語de子育てはこれでバッチリ! - おすすめ商品

英語絵本を読もう

会社と社長の紹介


英語de子育て HOME > 子育て英語にチャレンジ > 3〜6歳向け 人気フレーズ ベスト10

子育て英語にチャレンジ

ミセス・ヒッポと生徒さんが選ぶ・・・「3〜6歳向け 人気フレーズ ベスト10」

Good job!
よくできたね/すごいね

ミセス ヒッポから一言 この年齢での優勝はやっぱりこの表現よ。こんなに短くて、しょっちゅう使えて、そして元気になるフレーズはほかにないわ!ミセス・ヒッポもこの表現は大〜好き。 でもね、最初に聞いたときは「グッドジョブ・・・いい仕事??」とまるでピンと来なかったのよね。それでも子どものがんばる姿を見ながら Good job! Good job! と言い続けていると、1ヶ月もするころには完全に自分の言葉になっていたわ。だから、今はまだ英語に慣れていないみなさんも未来を信じてがんばって! ちなみに、この Good job! は You did a good job! や You've done a good job! を短くした言い方よ。よく短いバージョンが使われるけど、たまには長いほうも使ってみてね。

Finished?
終わった?/おしまい?

ミセス ヒッポから一言 これもホントよく使うわ〜。おしりに トゥ がつく点に注意してね。Finish? だけだとちょっと尻切れトンボっぽいらしいの。 ご飯を食べ終わった? とか、おトイレで用が済んだ? とか、お片づけが終わった? とか、いろいろな場面で使えるわね。 これは Are you finished? を短く言っているのよね。finished は「終わっている」という状態を表す言葉。日本語では「終わった」って過去形だけど、英語では現在の状態で表現するのね。おもしろいわ〜。

Let's clean up.
お片づけしよう/きれいにしよう

ミセス ヒッポから一言 堂々第3位に輝いたのは、英語としつけが同時にできるこのフレーズよ。「クリーン アップ」じゃなくて「クリーンナップ」と発音しましょうね。 up はものがパッと上に消えてなくなっちゃう感じをイメージするといいかも。 「片付ける」には tidy up とか put things away とかいろいろあるけど、一番ふつうっぽくてどんな場面にも使えそうなのが clean up よ。散らかったおもちゃを片付ける場合も、こぼしたものを拭いてきれいにする場合も、お部屋の掃除も、みんな Let's clean up. でオッケーよ。だからまずはこれをマスターしましょうね。

You want a snack?
おやつ食べる?

ミセス ヒッポから一言 食いしん坊のミセス・ヒッポには絶対はずせない表現ね。 Do you want a snack? の Do が省略されているわ。Do も You も省略されることもあるのよ。 スナックってね、日本語のスナック菓子とはイコールじゃないらしいの。だって、外人ママ友達は、サンドイッチやみかんだって snack って呼ぶことがあるのよ。どんなものでも、食事と食事のあいだに軽くいただくものなら snack なの。 おやつの一回分を a snack と表現できるから、ふだん「おやつ食べる?」と聞くときも a をつけて大丈夫よ。 ちょっとセレブな感じで言いたいときは、Would you like a snack? に挑戦してみましょうね。

Let's get dressed.
お洋服着よう(お着替えしよう)

ミセス ヒッポから一言 朝のお着替えのときの定番表現よ。get は「〜になる」、dressed は「洋服を着た状態」。つまり、「服を着ている状態になりましょう」という意味ね。だから、裸から洋服を着るときや、パジャマから洋服になるときには使えるけど、洋服から別の洋服に着替えるときに使うとちょっと変なのよ。わかるかしら? 反対に脱ぐ場合は Let's get undressed. でいいのよ。アンをつけるだけだから簡単でしょ? get + 補語 は中学・高校で苦労する文法のひとつだけど、英語ではちっちゃな子どもでも当たり前に使う基本表現なのよ。わが子にも小さいうちから get の感覚を体でつかんでほしいわよね。

Can you do it?
できる?

ミセス ヒッポから一言 4歳くらいになると、子どもってどんどん自分でできることが増えていくわよね。「自分でできる?」と聞きたいときは by yourself を追加して Can you do it by yourself? と言ってみましょう。 You can do it!(できるよ!)もいい表現よね。ミセス・ヒッポもこんな言葉でいつもわが子を励ましてあげたいわ♪

No running.
走るのだめよ

ミセス ヒッポから一言 7位は定番の No 〜ing. がランクインよ。こんなふうに言うと、Don't run! というよりやさしい感じに聞こえるの。「走らないで」じゃなくて「走るのはだめだよ〜」という感じね。

Give me a hug.
ハグして

ミセス ヒッポから一言 ハグっていう言葉も、だんだん外来語として広まってきたわね〜。子どもにギュッとハグしてもらえるのが嬉しくて、何度も使いたくなっちゃうフレーズね! 「ハグして」だから Hug me. でもいいんだけど、これだと重いらしいの。 a をつけて「ハグをひとつちょうだい」というのがさわやかで軽い表現よ。「パパにハグをあげて」なら Give Daddy a hug. ね! 英語ではこんなふうに a をつけて言える動作がたくさんあるんですって。 Give me a kiss. も Give me a hand.(手伝って)もそうだし、Let's take a walk.(お散歩しよう)もそうね。「お風呂に入ろう」も a をつけた表現で Let's take a bath. と言えるしね。この a の感覚って、日本語にすると「ひとっ風呂浴びよう」かしら。。

Let's read a book.
絵本読もう

ミセス ヒッポから一言 お子さんもそろそろ座ってじっと絵本を読めるようになる年齢ね。英語de子育てをしようと思ったら、なんといったって英語の絵本が欠かせないわ。毎日、必ず一冊は親子で仲良く英語の絵本を読みましょうね。きっとそのうちお子さんが Mommy, let's read a book. と言いながら絵本を持ってきてくれるようになるわ。素敵ね! 絵本を2〜3冊読む気マンマンのときは、a book じゃなくて some books と言いましょうね。 Let's read some books. よ。

It's time for bed.
寝る時間よ

ミセス ヒッポから一言 10位にランクインしたのはこの定番フレーズ。It's time 〜(〜の時間よ)は本当に重宝する表現よ ほかにも、It's time for bed.(寝る時間よ)、 It's time for dinner.(夕食の時間よ)、 It's time for your bath.(お風呂の時間よ)、 It's time to get up.(起きる時間よ)、 It's time to go.(行く時間よ)なんかが便利よ〜。 for の後は名詞、to の後は動詞が来ることに注意してね。

CD英語教材 「子育て英語表現集3〜6歳向け」
を利用して、お子さんと一緒にバイリンガルを目指そう!
6480円で大好評発売中。送料無料!--->

子育て英語表現集3〜6歳向け