英語で子育てHOME > 1歳 英語

1歳児の英語どうする?

目次

  1. 1 1歳から始められる親子英語のすすめ
  2. 2 1歳で生まれて初めての英語絵本
  3. 3 英語でのコミュニケーション初体験!
  4. 4 簡単だからこそ、正しい英語を心がけて
  5. 5 1歳児におすすめの英語フレーズ
  6. 6 親子英語をスタートした0歳児の様子

1.1歳から始められる親子英語のすすめ

毎日の子育て、お疲れさまです!(^-^) ちょうどお子さんとの意思の疎通やコミュニケーションが始まったころではないでしょうか。 そして、もともと英語に多少なりとも興味があったパパさん、ママさんなら、 お子さんの英語教育にも興味を持ち始めるころかもしれません。 でも、1歳から英語教育なんて始めてもいいのかな...。日本語が遅れたり、おかしくなったりしないかな...。 そんな疑問や不安を感じている人もいるかと思います。 先輩パパ・ママたちの体験を参考に、ご家庭にあった英語育児をスタートさせましょう!

<1歳0カ月〜1歳6カ月>

1歳は、「パパ」や「ママ」なんて、かわいく呼んでくれるようになる時期ですね。 英語圏の赤ちゃんは「ダダ」や「ママ」からスタートし、 その後、「ダダ」は「ダディー」に、「ママ」は「マミー」に変化するパターンが多いようです。 英語がさりげなく身近にある環境を目指して、 あるいは、これから親子で英語をがんばるぞ〜という決意の表明として、 ダディー・マミーの呼び方を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

2.1歳で生まれて初めての英語絵本

英語がさりげなく身近にある環境といえば・・・絵本です。 まだちょっと早いかな?と思う人もいるかもしれませんが、 最初の英語絵本というのは、お子さんのためであるようで、実は親であるパパさん、ママさんのための 大切な一歩なのです。 お子さんのためにも、そして自分自身のためにも、英語絵本デビューを果たしましょう。

図書館で借りてもいいのですが、やはり購入することをおすすめします。 ファーストブックというのは記念の絵本ですし、 いつも家にあれば、何度も何度も繰り返して読み聞かせてあげることができます。

ただ、お子さんはまだ絵本に興味を持つかわからないですし、すぐに舐めたり破ったりしてしまうので、 高い絵本をたくさん買う必要はまったくないと思います。 どんな絵本を買ったらいいかわからない方は、とりあえず

メイシーちゃんのベッドタイム Maisy's Bedtime

を買ってみましょう。このサイトからなら送料込みで420円でお送りしますし、アマゾン書店などでも購入できます。 ネズミのメイジーちゃん(日本語ではメイシーちゃんとなっていますが、英語の発音は実はメイジーちゃんです)の ほのぼのとした日常を描いた絵本で、とても簡単な英語で書いてあり、大変人気があります。

もう少し高い絵本でもいいという場合、Brown Bear や The Very Hungry Caterpillar(腹ペコあおむし)などがファーストブックとして有名です。

そして、しっかり続けたいのがCDのかけ流しです。 毎日、日常英会話のCDを必ず1枚(1時間程度)かけ流しましょう。 「かけ流し」というくらいなので、親も赤ちゃんも真剣に聴く必要はありません。 小さい音でお部屋に流れているだけで大丈夫です。

このサイト発の本!
0歳〜2歳の赤ちゃんをお持ちのパパ・ママにぜひ読んでいただきたい内容です(日常英会話のCDつき)。
こちらをクリックすると、アマゾン書店のページに飛びます。
   ↓

3.英語でのコミュニケーション初体験!

次に、愛情あふれる英語での語りかけを始めましょう。
初めて語りかけにチャレンジするという方でしたら、 「カムトゥー マミー」Come to Mommy. や「カムトゥー ダディー」Come to Daddy. などの短くて言いやすいフレーズがおすすめです。
意味は、「ママ(またはパパ)のところにおいで〜」です。こう言いながら手を広げてあげたら赤ちゃんもすぐに意味を理解しますね。

毎日必ず1回か2回はこのフレーズを使います。 すると、1〜2か月経つころには、ジェスチャーが全くなくてもこのフレーズの音だけで お子さんは意味を理解し、こちらに近寄って来てくれるようになります。(^-^) かわいくて、むぎゅっとしていまいますよね!

年齢別一番人気フレーズはこちら

<1歳6カ月〜2歳>

少しずつ日本語が出始める時期ですね。英語を志しているからといって、日本語を控えめにする必要はまったくありません。 英語を志す分、逆に日本語にもしっかりと取り組むぞという気持ちでがんばりましょう。 何も考えずに子育てしていた場合より、もっと正しい日本語や美しい日本語にも意識を向けながら子育てできたら素敵です。

そして、ふだんの生活を思い出してみてください。 毎日いろいろなことをお子さんに言いますよね。 そのうち、毎日言う言葉で、とても簡単なものだけ、英語でも言えるようになりましょう。 それが、「お腹すいた?」であったり、「椅子に座って」だったりするわけです。 英語初心者の人なら目標は5フレーズ、英語上級者の人なら目標は50フレーズです。 このフレーズを、とにかく毎日使い続けます。 すると、この時期のお子さんなら1〜2か月以内に意味をきちんと理解し、反応するようになります。

4.簡単だからこそ、正しい英語を心がけて

注意したい点は、「自分で勝手に英作文しないこと」です。 よほど英語圏での生活が長い人以外は、正しく、かつ自然な英文を自分で作るのは難しいものです。

たとえば、 「椅子に座って」とお子さんに言いたいとします。 あなたなら何と言いますか? Sit down. ですか? でもこれには「椅子」が入っていませんね。 では、 Sit on chair. ですか? その前置詞 on は本当に on でいいですか?(本当は in が正解です。理由はこちら。) chair の前には the や a や your はつけなくていいですか?(つけなきゃダメです。) では何をつけるのが正しいでしょうか?

簡単なことでも、意外と難しいものです。

でも安心してください。
あなたがお子さんに話しかける英文はとても簡単なものです。 その文が正しいかどうか一度チェックできれば、あるいは、そういう時はこう言えばいいのかとわかってしまえば、後は何の心配もなく楽に使っていけます。 今ではフレーズ集もたくさん売られていますし、ネット上で英語を調べることもできます。

<朝から夜までの日常英会話CD>

0歳から3歳向けフレーズ教材

また、1歳代後半は単語が出始めるころです。 この頃にワードブック(単語の絵本)を1冊買って遊ぶと楽しいです。 食べ物や生活用品など、身の回りのものが写真で出ているものが特にお薦めです。 Where is "APPLE"?(りんごはどこ?) などと聞くと絵本の中の写真を指さすようになるお子さんも増えます。

英語で子育てでは、 アルファベットのワードブック仕掛け英語絵本 をご用意しています。

5.1歳児におすすめの英語フレーズ・ベスト3

  • 1位Come to Mommy / Daddy.

    (カムトゥー マミー / ダディー)
    ママ(パパ)のところにおいで〜
    ※英語では「〜のところ」って言わなくていいんですね。(*^_^*)

  • 2位Here you are.

    (ヒアユーアー)
    はい、どうぞ
    ※おもちゃやスプーンなど、何かを手渡す時に言いましょう。

  • 3位You're so cute!

    (ユアソウ キュート)
    とってもかわいいね
    ※You と are がくっついて You're になっています。

もっとおすすめフレーズを知りたい方は、
0歳から3歳向け おすすめフレーズ・ベスト10のページへ

6.親子英語をスタートした1歳児の様子

新潟県 Yさんからのレポート

うちでは、息子が1歳の誕生日を迎えた頃から、英語のCDのかけ流しと語り掛けを始めました。 テレビはまだ見せていませんので、主にCDで流れる英語と、あとは私と主人の語り掛ける拙い英語です。

まず感動したのが、このサイトで教えてもらった表現のスティック ユア タング アウト(stick your tongue out.)です。 これは「ベロ(舌)を出して」という意味で、これを言いながら舌を出してみせていると、いつのまにか 子供が英語を覚えて舌を出すようになるということだったので、主人と面白半分で始めました。

1歳4カ月の時に始めたのですが、なんとなんと、たったの1週間くらいで、もう何もジェスチャーをつけなくても 息子は私たちがスティック ユア タング アウトと言うとニコニコ笑って舌を出すようになりました!

ああ、ちゃんと英語を聞いて理解していたんだなと本当に感動しました。 早速、おじいちゃん、おばあちゃんの前でやってみせると、「うちの孫は英語もわかる!」と一緒に感動してくれました。 でも、そのうち、スティック ユア・・・くらいでもう舌を出すようになってしまったので、 本当に英語がわかるとは言えないね〜と主人と大笑いしました。

でも、このことがきっかけとなって、さらに英語をがんばろうという気持ちが芽生えました。

今では、わかる英語の数も増え、イエスやノーの返事もできるようになってきました。わかる英語は、たとえば、 High five, Close the door. Are you hungry? Come here. Where is ....(うちの猫の名前)? Let's go out. Give me a kiss. Touch your nose. などなどです。

英語が苦手な夫婦ですが、自分たちも英語をやり直すつもりでがんばって覚えています。 ほとんど夫婦の共通の趣味のようになってきているので、楽しく続けています。 これからも楽しくがんばっていけたらいいなと思っています!


息子のテニス留学体験記 ▲井原さんちの息子のブログ

ミセス ヒッポの英訳お助けサービス

親子留学体験記
子供に英語ができるようになってほしい!と思ったら、高額な幼児英語教材を買う前に、まずはこのサイトをお読みください。 多くのパパ・ママが親子で楽しみながら英語育児に取り組んで、結果を出しています。 お金をかけるより愛情をかけよう! 赤ちゃん・幼児から小学生まで、親子英語のノウハウ満載のサイトです。